Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

tigontrang’s blog

http://rmt.worldmoney.jp

噂: 『バイオハザード7』は1年間のPS VR独占か―SIEE公式ツイート情報

欧州PlayStation公式Twitterの投稿により、『バイオハザード7 レジデント イービル』のVR対応コンテンツが、PlayStation VRの時限独占となる可能性が浮上しています。

噂の発端となっているのは、欧州PlayStation公式Twitterが投稿したPS VR対応タイトルを複数写したgifアニメーション画像。その中には「PlayStation VR Exclusive」のラベルが貼られた『バイオハザード7』のパッケージ画像が含まれ、左下には、"PS VRの独占期間が12か月間"である旨が記述。事実であれば、1年後に他のVRプラットフォームにも展開していくことが予想されます。

DQ10 RMT

PS4版『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』最新トレイラー公開!前作同梱パックやTGSイベントの情報も

スクウェア・エニックスは、シリーズ最新作のサバイバルアクション『ライズ オブ ザ トゥームレイダー(Rise of the Tomb Raider』PS4版のTGSトレイラーを公開すると共に、PS Storeにてキャンペーン開催を発表しました。

PS Storeで9月29日から10月13日までの期間限定で、最新作と前作PS4版『トゥームレイダー ディフィニティブエデ ィション(ダウンロード版)』をセットにした”トゥームレイダー まとめて遊ぼうパック”が6,800円(税別)で販売されます(最新作発売前に購入した場合、9月29日より前作はDLできますが最新作は国内ローンチ後からとなります)。

FF11 RMT

【インタビュー】街頭ビジョンを備えたゲームセンター誕生、その狙いや業界の現状とは

2016年9月10日に「タイトーステーション 池袋西口店」がオープンしました。同店は街頭ビジョンを備えた店舗となっており、ゲームプレイ動画の生配信やイベント配信を実施。店内は幅広い層が利用できるように設計されており、地下1F~2Fは暖色系でPOPなみんなで楽しめる空間、3F~5Fは寒色系でCOOLなゲームに集中できる雰囲気が作り上げられています。

特に街頭ビジョンのインパクトは大きく、業界的にもユニークな試みだと言えます。そこで今回は、「タイトーステーション 池袋西口店」の狙いや業界の現状に迫る記事を企画。インサイドでは日ごろからアーケードゲームの最新情報をお届けしているほか、現場の声として「ゲームチャリオット五井店」店長のかきゅん氏とアークシステムワークス森利道プロデューサーの対談記事などもお届けしていますが、「タイトーステーション」という大手アミューズメント施設はどのように運営されているのか。その知られざる裏側をタイトー 執行役員オペレーション本部長の田村雅寿氏に伺ってきました。

ハウンズ RMT

『バトルフィールド 1』壮絶過ぎる海外シングルゲームプレイ!本当の"戦場"がここに

現地時間の9月30日から10月2日にかけて、アメリカ、カリフォルニア州サンディエゴにて行われているTwitchCon 2016。同イベント内にて、EA DICEのシリーズ最新作『バトルフィールド 1(Battlefield 1)』の海外向けシングルプレイヤーゲーム映像が公開されました。

まず、始めに、Major NelsonことLarry Hryb氏が、シングルプレイデザイナーのEric Holmes氏とともに登場し、本作の概要を紹介。その後、先日予告された通り、『バトルフィールド 1』のシングルプレイヤー映像を披露しました。まずは、以前にお伝えした元お抱え運転手の志願兵ダニエル・エドワーズがMark V戦車に搭乗するシーンが収録されており、他の搭乗員との邂逅が描かれています。ここでは、フランスのリベクールを舞台にしているようです。

次に、実際のゲームプレイ映像を収録したシーケンスとなり、戦場の最前線が体験可能です。プレイヤーキャラクターは猛攻に耐え切れず死んでしまったとしても、ゲームオーバーにはならず、違う兵士として、再び戦場に放り込まれます。死んでしまったキャラクターには、Harvey Nottowayや、Dean Stevensonといった名前も用意。第一次世界大戦の凄惨さが伝わる凄まじいゲームプレイとなっています。

バトルフィールド 1』はPS4/Xbox One/PCを対象に、10月21日発売予定です。

ローズオンライン  RMT

入魂インディー『Unworthy』開発中―ダークソウルの雰囲気も

インディーゲームデベロッパーのAleksandar Kuzmanovic氏は、2Dアクションインディータイトル『Unworthy』を開発中です。

本作は、ハードコアなコンバット要素に焦点を当て、メトロイドヴァニアからジャンプを排除したタイトル。多くの要素が謎に包まれていますが、一部のユーザーにはデモが配布されており、YouTubeでは、いくつかのゲームプレイが確認できます。シビアなボスファイトや、スタミナ管理、ダークな世界観からは、『DARK SOULS』や『Salt and Sanctuary』といった作品の雰囲気が感じられます。また、本作では、敵を倒すと、"ソウル"でも"ソルト"でもなく、「Sin(罪)」が手に入るようです。


フォローする
Aleks Kuzmanovic @MrAmlice
Forgot #indiedevhour Particles! Let it snow! New #UnworthyGame area. #gamedev #pixelart #gamemaker
2016年9月29日 03:03
49 49件のリツイート 151 いいね151件

 

フォローする
Aleks Kuzmanovic @MrAmlice
Based on demo feedback, added an outline shader to better show "ability" is ready. #gamedev #pixelart #gamemaker
2016年9月27日 03:07
7 7件のリツイート 37 いいね37件


ストーリーも気になる『Unworthy』の発売日は、現時点で不明です。

RO RMT

【特集】『ポケモンGO』話題まとめ…今、世界で何が起こっているのか

アメリカなど一部の国ではiOS/Android『Pokemon GO』が配信されていますが、人気のあまり多くの話題を生み出しています。

『Pokemon GO』は、『ポケットモンスター』シリーズを題材にした位置情報を活用して遊ぶゲームです。現実世界で「ポケモン」の捕獲や交換が体験でき、家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーとのバトルなども楽しむことができるようになっています。

『FF XV』最新映像&ゲーム画面公開!地上はチョコボ、海はクルーザー、空は車!?

スクウェア・エニックスは、PS4/Xbox Oneソフト『ファイナルファンタジー XV』の最新映像を公開しました。

ファイナルファンタジー XV』はオープンワールド形式を採用した「ファイナルファンタジー」シリーズの最新作です。仲間との絆、父との親子の絆、そして愛の絆が描かれ、武器を放ち突き刺した場所まで瞬間移動ができる「シフト」、様々な武器をリアルタイムに切り替えて戦う「武器召喚」、パーティメンバーとの華やかな「連携技」、天候や地形が影響する「魔法」、大いなる存在を喚ぶ「召喚」など、迫力あるバトルを体験することができます。

最新映像「UNCOVERED:FINAL FANTASY XV Trailer」では、魔法を使った攻撃や様々なモンスターとのバトル、チョコボ、クルーザー、飛行形態に変形した車による移動シーンなどを収録。様々なキャラクターも登場するため、非常に情報量の多い内容になっています。

さらに、初公開となる新スクリーンショットも多数公開されました。

ファイナルファンタジー XV』は9月30日発売予定で、価格は8,800円(税抜)です。

信長の野望 RMT